豊中の土蔵改修
明治築の土蔵の改修
<建築概要>
■建築場所:豊中市上新田
■用途:隠れ家
■構造:土蔵
■おもな外部仕上げ
屋根:日本瓦
外壁:土壁漆喰、焼杉
■おもな内部仕上げ
床:杉板
壁:杉板、漆喰
天井:杉板、漆喰
建具:ヒバ
■明治築の土蔵の改修工事。外部の漆喰や瓦屋根を更新した。悪くなった土壁を落とし、土を塗って乾かしてと、何層にも塗り重ねるという丁寧な手仕事を要求された。

■鏝絵や刳り型など意匠的な遊びも施し、落ち着いた雰囲気ながらも、ユニークなイメージも残る。

■左官屋さんの丁寧な仕事により、現代に生まれ変わった土蔵。ご主人の男の隠れ家として、利用されている。