京都・三軒町の家
うなぎの寝床の京町屋耐震改修
<建築概要>
■建築場所:京都市上京区三軒町
■用途:アトリエ兼住宅
■構造:木造2階建
■おもな外部仕上げ
外壁:カラマツ板張り+バトン塗装
屋根:既存瓦屋根
■おもな内部仕上げ
床:ナラ・カラマツ・杉フローリング、モルタル土間
壁:和紙クロス
天井:和紙クロス、既存根太現わし+塗装
建具:米ヒバ框戸、シナフラッシュ戸
■2.5間の間口からは想像し難い、うなぎの寝床のような物件。

■筋かいを積極的なモチーフとすることで、耐震補強をしながらも開放感溢れる空間となっている。適所で間仕切りを設けることで、空調の効率性にも配慮している。

■半間の吹き抜けがあることでリビングをより明るい空間へと。

■奥には陶芸家の奥さんのためのアトリエのあるはなれがある。住居棟のトイレの手洗い器には奥さんの作品を使用した。将来的にギャラリーとして使えるように、玄関部には広い土間空間を設けた。