「生野の眼科医のいえ」
診療所を営業しながらの全面改修工事
<建築概要>
■建築場所:大阪市生野区
■用途:住宅兼診療所
■構造:鉄骨造2階建+一部木造
■主な仕上げ
(外部)
屋根:ガルバリウム鋼板
外壁:角波ガルバリウム鋼板+木板張り(米杉)
ポーチ床:タイル
(内部)
床:ナラムクフローリング
壁:クロス貼
天井:クロス貼
建具:ピーラー練付合板
■眼科診療所+住宅の全面改修工事。1階の半分を占める診療所部門は既存のまま残し、診療所の営業を継続したまま、それ以外の住宅部分の改修をおこなった。
■敷地は下町の住宅街である。一坪ほどの小さな坪庭を既設部に挿入。内部空間が坪庭に向かうプランへ更新した。
■劣化の見られた外壁も補修し、かつ外部に新たに鋼板を張ることで蘇った。黒白の鋼板のコントラストが建物を特徴つける。
■オーナーは絵画や陶芸、工芸品コレクションなど多趣味。物置状態であった1階部分の既設駐車場をアトリエとして増築。趣味の仲間たちの交流の場として再生した。
共同設計者:潟wキサ