にじいろハウス
知的障害者ケアホーム
<建築概要>
■建築場所:大阪市生野区
■用途:寄宿舎(ケアホーム)
■構造:鉄骨造3階建
■仕上げ
床:ナラムク、塩ビシート
壁:クロス
天井:クロス

■近所の作業所で働く知的障害者のためのケアホーム。8人の利用者がサポートを受けながら共同で生活する場である。
 
■密集市街地の奥行きの長い立地で、光庭のボイドを設け各室・共用部へ採光・通風のとれる基本計画とした。
 
■福祉施設であっても、味気のない施設的なデザインとならないよう、木質系の素材感が現われる住宅的なモノを心がけた。
 
■何か作業所のなかまの手作業を新しい建物に取り入れないかと考え、なかまが製作した陶板をエントランスのサインと壁面に貼った。
 
■この地域で長年にわたり地域に根ざした福祉をつづけてきた建て主が、さらにこの場所で未来に発展していく思いの詰まった建物が完成した。