御杖村の家
里山で暮らす
<建築概要>
■建築場所:奈良県宇陀郡御杖村
■用途:個人住宅
■構造:木造平屋建
■おもな外部仕上げ
外壁:土壁漆喰、焼き杉板
■おもな内部仕上げ
床:杉無垢フローリング、畳
壁:和紙クロス
天井:シナベニア、化粧板天井
建具:シナフラッシュ、米ヒバ(外建具)
■市内に住む夫婦とその小さな子供が里山に移住する。古い民家を購入して主な家族の溜まり場となるであろう空間と、水周りの更新を行った。
 
■田舎暮らしらしく、玄関土間からアプローチするキッチンや食事スペースは着色モルタルで仕上げ、ラフな使用にも耐えられる、大らかな暮らしが可能。キッチンも造作でフレームに天板を乗せただけの簡単なつくり。住まい手が暮らしながらカスタマイズしていく。
 
■浴室は人目も気にならないので開放感のある場所に。五右衛門風呂を据付けた。