桃ヶ池の二世帯住宅
隅々まで光を届ける立体構成
<建築概要>
■建築場所:大阪市阿倍野区
■用途:住宅
■構造:木造2階建
■おもな外部仕上げ
外壁:左官仕上、サイディング
屋根:ガルバリウム鋼板
■おもな内部仕上げ
床:タモフローリング
壁:紙クロス
天井:紙クロス
建具:シナフラッシュ戸、戸襖
■住宅密集地の変形敷地ながらも、全体のボリューム計画や開口部を工夫することによって、部屋の奥まで光が届き風が通り抜ける気持ちのいい空間へ。

■両親と息子家族の主な生活の場を階ごとに分けることで、お互いの気配を感じながらもしっかりとプライベート空間を確保。

■開放感あふれる高天井の先には大空間のロフト。箱階段を上った先は、リビングも見下ろせる子どもたちの隠れ家に。