阪南町の家
自然素材の多いフラットで動く空間
<建築概要>
■建築場所:大阪市阿倍野区
■用途:住宅
■構造:鉄骨3階建
■おもな外部仕上げ
外壁:弾性吹付塗料、ガルバリウム鋼板
屋根:ガルバリウム鋼板
■おもな内部仕上げ
床:カラマツフローリング、杉フローリング
壁:紙クロス
天井:紙クロス
建具:シナフラッシュ戸(※一部和紙セルフ貼り仕上)
■鉄骨造の古い家を補強・断熱改修し自然素材中心の家に。LDKは、家族友人総出で漆喰や和紙など自主施工で仕上げた。

■LDKをワンフロアとし、奥の個室まで光や風が通り抜ける。またバリアフリーにも配慮し、建具は引き戸中心で段差の少ない室内空間とした。

■来客を招くことが多いとのことで、来客者が気軽に泊まれる小上がりの畳間を製作。下部は日常収納の際に使いやすいよう配慮した。

■子ども部屋は用途によってパーテーションで区切れるように、一つの空間をゆるやかに分割。