新芦屋下コ−ポラティブK邸
元社員寮のコンバージョンコーポ
<建築概要>
■建築場所:吹田市
■用途:コーポラティブハウス
■構造:RC造3階建
■おもな外部仕上げ
屋根:塗膜防水
外壁:吹付塗装
■おもな内部仕上げ
床:タモフローリング
壁:珪藻土、EP
天井:EP
建具:シナフラッシュ
■既存の寮をつかってのコンバージョンコーポラティブハウス。柱・梁の構造体をそのままに、ほかを解体。既存躯体を利用することでコストを大幅に下げることができ、企業にとって利用価値のなくなった社員寮が、8戸の思い思いの家に再生された。
 
■K邸は社員寮の厨房や共同浴室のあった区画。厨房機器をそのまま利用したり、浴室跡が子供たちのプールに利用されたりと、工夫を凝らした住まい方がされている。違和感なく新しいものと旧いものが共存する家になった。