どころんベビー園

大阪・北加賀屋で地元に根付いた保育に取り組むの社会福祉法人さん、保育園の近くに0-2歳の保育を行う小規模保育園。既存の建物を利用しての用途変更をともなう改修工事です。面積基準を確保しながら保育しやすい環境にと、既存建物利用のため制約もありつつ、できるだけ視線の通るように改修計画をしています。共用公園に面する立地で、公園と保育園の接点はアプローチ空間であり、また可動テント下で半屋外空間の保育空間となり、内(保育園)から外(公園)へつながる場所魅力的な干渉空間にもなります。

<建築概要>
■建築場所:大阪市住之江区
■用途:小規模保育園
■構造:木造2階建
■主な外部仕上げ
【外壁】既存モルタル壁
【屋根】既存瓦屋根
■主な内部仕上げ
【床】杉フローリング
【壁】塗装/クロス
【天井】既存天井/クロス
【建具】シナ

 

 


ラーメン構造で改修された既存建物。開口を開けできるかぎり見通せるように計画。


水回り空間を整備。

収納力を確保するために、幼児の手の届かない吊り棚をたくさん設けます。

入り口玄関にも床を張って、保育室面積に取り込みました。

階段下スペースの保育室。天井が低かったり高かったり、柱があったり、丸窓があったりと遊び心のある場所に。

隣地の公園からの外観。建物に付属して半屋外空間を設けました。

アプローチ空間は可動式テントで覆っています。好天時には屋外遊びもできる場所に。


保育室内から公園へ直接アプローチ。
 

吹き抜けはそのまま活かしていますが、温熱環境のコントロールができるように可動扉を設けました。(↓写真が閉じたところ)