昭和町の二世帯

三昭和町駅ちかくの3階建て鉄骨造、二世帯でお住まいの住宅の親世帯の一階を改修しました。現況は無断熱で、また見通しの悪く閉塞感のあるプランでした。高齢者の住まいであるため断熱を強化し、また普段の生活で互いの目が届きやすいように、視線が通る建具や壁位置を調整して、動線を再構築しています。

<建築概要>
■建築場所:大阪市阿倍野区
■用途:二世帯住宅
■構造:鉄骨造3階建て
■主な外部仕上げ
【外壁】−
【屋根】−
■主な内部仕上げ
【床】タモ複合フローリング(床暖房)
【壁】漆喰
【天井】和紙クロス
【建具】シナ・トガ・襖

 

 

親世帯のDKスペース。大きなガラス建具で仕切り視線は抜けるように。

壁面いっぱいの収納を設けています。建具には娘さまが手づくりしたステンドガラスを埋め込みました。

寝室も作り付け家具ですっきりと。
 

階段下スペースも無駄なく可動棚を設けました。