押部谷の家

ガーデンプランナーのクライアントの住まい兼アトリエの多用途ながらコンパクトな現代の田の字プランでミニマムな空間構成です。毎日触れる床材は無垢材に、そのほかは適材適所に既製品を採用して、ローコストながらもこの家オンリーワンの空間を計画となりました。外構は蔵院との担当で、その後の建築と外構デザインのコラボした仕上がりが楽しみです。

<建築概要>
■建築場所:神戸市西区
■用途:住宅
■構造:木造1階建
■主な外部仕上げ
【外壁】焼杉板
【屋根】ガルバリウム鋼板
■主な内部仕上げ
【床】杉無垢フローリング
【壁】紙クロス
【天井】構造用合板現わし
【建具】既製品建具(パナソニック・ベリティス)

 

 


床面積わずか73u(22坪)の平屋の狭小住宅です。外構はガーデンプランナーの建て主さんの施工予定。

既製品建具をつかいローコスに。構造体・合板などは素のまま現しています。


クライアントのアトリエ空間は自主施工。