ごはんとお酒と布と糸 fudan

事務所の近所のJR阪和線「南田辺駅」直近の飲食店。奥庭が印象的な古い町屋を改修した。耐力壁の設置、水平構面の強化等、補強を施し改修した。

靴を脱いでゆったりくつろげる畳の間。広葉樹のランダムに張り合わせたカウンターの席。坪庭の見られるテーブル席と。場面変化が感じられる空間をつくり、幅広い用途に応えられるようにした。内装は店主自ら漆喰塗り和紙を貼り塗装をし、建設に関わっている。商店街に位置するため、作業中はよく声を掛けられ、オープン前から商店街の仲間入りができた。

<建築概要>
■建築場所:大阪市東住吉区
■用途:飲食店+物販
■構造:木造2階建
■主な外部仕上げ
【外壁】杉板
【屋根】瓦屋根(既存)
■主な内部仕上げ
【床】ナラ無垢、畳、着色モルタル
【壁】漆喰・和紙・ラワン合板
【天井】構造用合板・織物クロス
【建具】構造用合板・米松

 

 


JR阪和線「南田辺」駅前商店街に位置する。外観は適度な視線の距離感を取れるようにステンドガラス。

内装は店主と友人たちとで漆喰を塗りました。

中に入ると畳スペース、その先にはカウンター席。

カウンターは端材を利用した広葉樹がランダムに張られる。
 

奥はテーブル席、奥庭を望める特別な場所。